アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
訪ねる前に考えておくこと

不動産について不動産とは、土地やその土地に定着する建物のことをさします。
不動産を購入するにあたり、一戸建てとマンションを検討される人は多いと思います。
最近は、生活スタイルもさまざまなので、両者の利点を考えて自分たちにあったマイホーム探しをすることが、オススメです。
一戸建ての利点一戸建て住宅は、一つの土地に一つの建物が建つということから、自由度が高く将来必要になれば、増築や改築が自由にできることが魅力的です。
固定資産税はありますが、管理費などはありません。
車庫を設けることもでき、玄関から近くに車庫があれば、移動距離も短く大変楽です。
新築の一戸建ての場合は、自分で間取りから計画できることもあるので、理想の建物を建てることができます。
建物の価値がなくなっても、土地の価値があるので、比較的資産価値が残ります。
マンションの利点マンションは、ドアが一つなので、防犯においては鍵一つで戸締りができるのが魅力的です。
集団での生活のため、近隣の人とコミュニケーションが取りやすく、身近に感じれるところがあります。
マンションの構造体は、コンクリートや鉄骨・鉄筋コンクリートなどと、一戸建て住宅と比べると比較的強度がある材料を使われていて、構造計算されているの安心です。
一戸建てでは買えない、立地の良いところで住むことができます。
修繕費・積立金などありますが、マンションの修繕費などが急に多額に必要になる心配はありません。

将来も安定した収入がある場合

住まいを購入しようと考えた時に、マンションか一戸建てかで迷うと思います。
将来も安定した収入がある場合にはマンションで、将来の収入に不安がある人は一戸建てをお勧めします。
ここで言う将来とは、年金を受給する年齢になる時期を言います。
マンションはご承知の通り、管理費、修繕積立金がかかります。
この管理費、修繕積立金は下がる事はなく、いずれ上がると考えて購入するべきです。
所有者の経済的な事情など全く考えることなく、建物の状況に応じて改定されていくのです。
一戸建ての場合にも、ある時期が来れば修繕や補修が必要にはなりますが、自分の意思で、経済的な事情を考えながら行うことができます。
極端に言えば雨漏りしようが、窓ガラスが全て破れていようが、そのままで良いと自分が思えば、それでも構わないのです。
しかし、マンションはそうはいきません。
建物に傷みが見えはじまたら、計画的に補修工事を行うことになっています。
所有者個人の事情は関係ありません。
古くなればなるほど、負担が発生していきます。
年金生活なって収入が激減しても、住宅ローンを返済し終わっても、住んでいる限り支払うのです。
一方、一戸建ての場合には住宅ローンを返済が終われば、支払いは無くなります。
無くなるといっても、固定資産税、都市計画税はどちらもかかります。
この税金についてもマンションの方が、下がる率が低いのです。
これは構造による耐用年数の違いが理由です。
不動産価値はマンションの場合には、殆ど建物価格ですので限りなくゼロに近づきますが、一戸建ての場合には土地の価格は相場価値を維持し続けます。
一戸建ての方が将来の不動産価値で見ても有利なのです。